研究室 -Laboratry-

船山グループ

研究課題名 細胞作用の繰り返しで自律的に3次元形態を構築するカイメン骨片骨格形成
研究代表者 船山 典子
目的・意義 本研究では、申請者らがカイメン動物に着目して独自に解明した新規の動物の骨格形成機構、骨片運搬など一連の細胞作用の繰り返しによる自己組織化としてガラス質の微細な針状骨片(骨格エレメント)が柱と梁構造に建て・組み上げられる機構の知見の上に、種ごとに異なるカイメンの3次元形態を生み出す骨格形成機構の理解を目指す。異なる形状の骨格が構築される鍵となるのは骨片がどの位置に建てられ、繋げられるかであるため、これまでの研究からこれらを左右すると示唆される、骨片が上皮に刺さる位置の制御機構の解明を目的に、光シート型顕微鏡等を用いた詳細な上皮形状の撮影及び、画像からの抽出等、実験系及びシミュレーション・数理モデル構築といった数理・物理的な解析双方から骨片骨格形成機構の理解に迫る。
期待される成果 本研究を通じて、カイメン動物の非常に多様な形態を生み出す新規の機構に迫ることが出来る。
班員との連携 上皮組織の3次元構造の再構築に関しては計画班の井上博士、骨片骨格形成の数理モデル構築に関しては計画班の秋山グループと連携し挑戦する。
Webサイト http://sponge.sci.kyoto-u.ac.jp
細胞作用の繰り返しで自律的に3次元形態を構築するカイメン骨片骨格形成

平成27年度〜31年度 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型)生物の3D形態を構築するロジック

Copyright © 3D Morphologic. All Rights Reserved.