研究室 -Laboratry-

川瀬グループ

研究課題名 フグが「ミステリーサークル」を建設するロジックを解明する
研究代表者 川瀬裕司(千葉県立中央博物館分館海の博物館・主任上席研究員)
目的・意義 最近、海底の砂の上に幾何学模様の3D構造物(ミステリーサークル、写真左)をつくる奇妙なフグ(アマミホシゾラフグ Torquigener albomaculosus、写真右)が奄美大島で発見された。このミステリーサークルは,放射状の深い溝と迷路パターンの浅い溝が組み合わさった見事な幾何学構造を持つ。サークルをつくるときに、フグは,海底を行ったり来たりしながら鰭で砂を巻き上げて溝を刻んでいく。出来上がったサークルの直径は2mもあるが、フグの全長は10cmほどしかない。しかも、フグは常に海底近くにおり,上の方から全体の構造を見ることをしないので、どんなロジックで全体構造や溝の深さ(フグの体高の3倍以上)を調節しているのかがまったく謎で、似たような構造をつくる動物も他に例がない。そこで本研究では、フグが自分の体よりもはるかに大きいミステリーサークルを建設するロジックを明らかにすることを目的とする。これを現在研究が進んでいる生物個体の3D形態形成と比較することにより、生物の3D形態形成の理解が深まると考えられる。
期待される成果 これまで生物がつくる3D構造のロジックはほとんど解っていない。フグのミステリーサークルの構築原理は、現在研究が進んでいる個体発生における形態形成とは全く異なるロジックであることが期待される。
班員との連携 3D構造物建設のシミュレーションは近藤と共同研究を開始しており、ロジック解明にあたり他の班員とも随時連絡を取りながら研究を進めている。
Webサイト http://tetraodon.jimdo.com
フグが「ミステリーサークル」を建設するロジックを解明する

平成27年度〜31年度 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型)生物の3D形態を構築するロジック

Copyright © 3D Morphologic. All Rights Reserved.