研究室 -Laboratry-

松本グループ

研究課題名 新鮮胚内部の応力分布可視化法の確立と形態形成原理の力学的理解
研究代表者 松本 健郎(名古屋大学大学院工学研究科・教授)
連携研究者 田村 篤敬(鳥取大学・准教授)
杉田 修啓(名古屋工大・准教授)
目的・意義 原腸陥入のような発生過程の大きな変形が、胚内部のどこの細胞がどのような力を発生することで生じるのか、殆ど判っていない。本研究では従来、固定胚を対象に進めてきた胚内部の応力分布計測法を新鮮胚に拡張する。アフリカツメガエル胚を対象とし、組織内のひずみ分布を新鮮胚を切断した際の断面の凹凸から求める。断面の力学特性分布は、断面に粒子を散布した際の沈降量から求める。これらの計測結果に計算機解析を組合せ、発生過程の胚内部の力学分布の推移を定量的に求める。胚表面のレーザアブレーション、押込試験などを通じ、胚表面の張力分布やその異方性についても調べる。また、胚表面にビーズを貼り付け、これを光ピンセットでトラップすることで胚表面に作用している力の大きさを計測する。そしてこれらの結果と胚内部の各種シグナル分子の分布を比較して、マクロな形態形成に対するミクロな力と遺伝子の相互作用を明らかにする。
期待される成果 胚内部の複雑な応力分布を生化学因子の分布に近い解像度で得られるようになる。
班員との連携 他の班員の力学特性計測に関する相談に応じ、実験装置の試作・計測等に協力する。既に、上野、松野とは共同研究を進めており、芳賀とも協力体制を築きつつある。
Webサイト http://biomech.web.nitech.ac.jp/top.html
新鮮胚内部の応力分布可視化法の確立と形態形成原理の力学的理解

平成27年度〜31年度 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型)生物の3D形態を構築するロジック

Copyright © 3D Morphologic. All Rights Reserved.