研究室 -Laboratry-

澤井グループ

研究課題名 接触追従と走化性から理解するアメーバ界の形づくり
研究代表者 澤井 哲(東京大学 大学院総合文化研究科・准教授)
連携研究者 石原 秀至(明治大学理工学部・准教授)
小林 徹也(東京大学生産技術研究所・准教授)
島田 奈央(東京大学 大学院総合文化研究科・助教)
中島 昭彦(東京大学 大学院総合文化研究科・特任助教)
目的・意義 本研究では、多細胞による3次元的組織形成の溯源的な例として、細胞性粘菌の集合塊(マウンド)上端の頂端(tip)構造の形態形成に注目する。そこでは、接触追従運動性の細胞型差異が、複雑な回転運動を伴いながら組織が伸張することと密接に関連していると予想している。マイクロ流体デバイスによって走化性誘引物質の濃度勾配を制御し、細胞間接触と走化性によって誘起される運動の連動を調べ、さらに隔離した細胞間の接触運動や、組織中の細胞運動の3次元イメージング解析をおこなう。細胞の運動規則を表現した数理モデルと実験の相互検証を通じて、元々バラバラであった細胞から3次元の形ができる原理の理解を目指す。動物発生における接触依存的な細胞運動や回転運動を視野に入れた一般的な定式化を通じて、領域内で扱われる解析対象との共通性や違いの理解を深め、基礎的で溯源的な性質を浮かび上がらせる
期待される成果 本研究を通して、個々の細胞の運動ルールと3D組織構築の間の厳密な関係を提案する。
班員との連携 マイクロチャンバーを用いた細胞運動解析は、計画班上野らと技術協力を通じて連携する。数理モデルシミュレーションは計画班の武田グループ、秋山グループらと連携することで、動物組織との類似点などを浮かび上がらせる。
Webサイト http://sawailab.c.u-tokyo.ac.jp
接触追従と走化性から理解するアメーバ界の形づくり

平成27年度〜31年度 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型)生物の3D形態を構築するロジック

Copyright © 3D Morphologic. All Rights Reserved.