研究室 -Laboratry-

柳澤グループ

研究課題名 3D連結したミクロ高分子液滴の相転移と形のパターン形成から生物形態を見る
研究代表者 柳澤 実穂(東京農工大・准教授)
目的・意義 細胞の組織には、複数の細胞全体で機能に適した形となるような秩序が存在する。この秩序は物理的には細胞数と細胞配置、細胞内構造、細胞形態の強い相関によると予想されるが、要素の多さゆえこの相関関係を分子から読み解くことは困難である。そこで脂質膜で覆われたミクロ高分子液滴からなる細胞組織モデルの製作から見出した『結合する細胞数に応じて高分子の集合形状が接着面を介して変化する現象』を軸にこの秩序に迫る。ミクロ高分子液滴を2-3次元で規則配列させた細胞組織モデルを用い、脂質膜と内包高分子の相転移に伴う自発的なパターンと形態の相関を解析する。それを細胞シートの変形と比較することで、細胞組織の3次元形態形成における原理の探求に寄与する。
期待される成果 細胞数と細胞配置、細胞内構造、細胞形態が強く相関し生じるパターン形成を、液滴からなる細胞組織モデル用いて解明することで、細胞組織の3次元形態形成における基本原理へ迫る。
班員との連携 他の班員が得た組織形態やそのパターン形成モデルを、我々の細胞組織モデルで再現・検証する。
Webサイト http://web.tuat.ac.jp/~m_yanagi/
3D連結したミクロ高分子液滴の相転移と形のパターン形成から生物形態を見る

平成27年度〜31年度 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型)生物の3D形態を構築するロジック

Copyright © 3D Morphologic. All Rights Reserved.